春の嵐

3月の強い風

冷たい雨の中

息子が大学を卒業しました。


コロナ禍ということで

ほとんど学校に通うこともなく

大学生活のほぼ半分はリモート授業。

混雑を避けて

3日に分けての卒業式でした。


式の後は息子と私と2人で

「Restaurant sola」でお祝い。

嵐のような天気を忘れてしまうくらい

大きな“ミモザ”が出迎えてくれました。




ドアを開けると

“ミモザ”のリース。


サーカスでライオンがくぐる

火の輪?くらい

大きくてびっくり!!

スタッフの方が

手作りされたそうです。


料理だけでなく

こころ奪われっぱなし。



この日の私は

シルクの糸で編んだ

淡水パールのネックレス

Kワンピース

(コットンリヨセル・紺・袖なし)

ガウンコート(麻・紺)で。


ムースの服やアクセサリーは

普段にも

大切な日にも愉しめるので

わざわざ揃えなくて良いので

助かっています。







翌日、家族4人で自宅でお祝い。

主人が買い物

娘が献立を考え

料理を作ってくれました。


若竹汁

手毬寿司

春キャベツの春巻き

紅白なます



solaのチーズケーキ
(テイクアウト)



今まで私が作っていたので

なんだか不思議な感じ。


春を感じるお祝い料理に

驚いたのでした。







息子の幼なじみで

高校の合唱部で一緒だった女の子が

東京藝術大学で声楽を学び

イギリスに留学する前の

卒業記念コンサートに伺いました。



場所は、緑に囲まれた

「末永文化センター」。

ここは、九州交響楽団の

練習場所でもあります。


高校生だった彼女の

歌声をはじめて聴いた時

震えが止まらなかったのを

今でも覚えています。


あれから時を経て

とても魅力的になり

久しぶりの

彼女の歌声を聴きながら

ずっと涙が止まりませんでした。


ミュージカルの本場イギリスで

さらに学ぶ道を選んだ

彼女のこれからの活躍が愉しみです。







ホールの横にあるこの美術館

何か見たことあるなぁと思っていたら

息子が赤ちゃんだった頃?

一緒に訪れた場所でした。


そのあとムースをはじめたり

いろいろなことがあり

すっかり忘れていました。



桜も咲き誇り

お祝いしてくれている感じがして

子どもたちのことが落ち着いた今

この場所に呼ばれた感じ。


緑に囲まれた

小さな美術館。


今度は娘と

ゆっくり行ってみよう。