劇場で

ラヴェルの

“ボレロ”を聴きたい!!

その想いだけで

「太陽とボレロ」観てきました。



前情報を入れないで行きましたが

「迎賓館赤坂離宮」

「松本の自然」

そして

「西本智実さん」など

“好き”が

いっぱいでした。



クラシックというだけで

敷居が高いとか・・・

そんなことはなく。



文化芸術は

生きていくのに大切。



静かに

こころ震える

ひとときでした。





あとどれだけ

こころ震えることに

出逢えるのだろう。























T・ジョイ博多